乳液だけではダメな理由|今すぐ始められる正しいスキンケアのポイント3つを解説します!

「乳液だけでスキンケアしても問題ないの?知りたい。」
あなたは今、そうお考えではありませんか?

化粧水なしで乳液だけでスキンケアをしても、そこまで問題なさそうだと考える人は多いかと思います。

結論から言いますと、乳液だけでは肌荒れの原因となるため、おすすめできません。

実際、歳をとっても肌が綺麗な芸能人の多くが化粧水と乳液を両方とも欠かさず使用しています。

そこでこの記事では、乳液だけのスキンケアをおすすめしない理由(2章)について詳しく解説しています。

また、正しいスキンケアの方法(3章)についても解説しているので、この記事を読み終えた頃にはスキンケアについての重要な知識を理解することができるはずです!

乳液を始めとするスキンケアについて深く理解して、肌荒れを予防するために、この記事がお役に立てば幸いです。

この記事を読むとわかること

  • 乳液だけのスキンケアは肌が乾燥し、ニキビなど肌荒れの原因になってしまう
  • 化粧水から順番に使用することで、乳液だけのスキンケアよりも高い効果を得られる
  • 男性のデリケートな肌には男性用のスキンケアグッズが必要
  • この記事を読んでいる方限定でバルクオムの高品質スキンケアを83%offで手に入れよう

バルクオムの洗顔料

バルクオムのスキンケアを始めてみる!

1.乳液だけで十分?

乳液は液体で水分をたくさん含んでいるから化粧水なしでも良いと考える人は多くいらっしゃいますが、乳液の主な役割は肌の潤いを保つことですので、あまり効果が無いと考えられます。

今乳液しか使っていないという場合には一刻も早く正しいスキンケアをすることをおすすめします。

次の章では、なぜ乳液だけではダメなのか、なぜ化粧水が必要なのか見ていきましょう。

2.乳液だけのスキンケアをおすすめしない理由をステップに分けて解説!

化粧水を使用しないとニキビや黒ずみの原因になります。ここでは乳液だけのスキンケアをおすすめしない理由を3つのステップに分けて解説していきます!

2-1.肌が乾燥する

化粧水には肌に潤いを与えたり、肌を整える働きがあります。化粧水を使ってから乳液を使うことで、肌が十分に潤った状態となるため、乳液が効果を発揮しやすくなります。

このため、化粧水を使わないと肌に潤いがもたらされないだけでなく、乳液の役割である「肌の潤いを閉じ込める」効果が薄れてしまいます。

この結果、乳液だけのスキンケアでは肌が乾燥する恐れがあります。

2-2.バリア機能が低下する

スキンケアをする際に化粧水を使わないと肌が乾燥する恐れがあります。乾燥した状態が続くと、肌に備わっているバリア機能が低下し、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因になります。

ただし、化粧水を使っただけでは数分で肌から水分が蒸発してしまうので注意が必要です。そこで必要になってくるのが乳液です。乳液には油分が含まれており、肌の水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

乳液にも一部保湿成分が含まれてはいるものの、乳液の主な役割は肌の潤いを閉じ込めることですので、洗顔後に乳液のみを使っても保湿効果はほとんど期待できません。

肌が潤っていないと、角質層における細胞が正常に機能しなくなり、肌のバリア機能が低下するため肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。特に男性は肌の水分量が女性の半分程度しかないため、注意が必要です。

2-3.ニキビや黒ずみができやすくなる

乳液だけを使ったスキンケアは肌のべたつきにも繋がります。 一見すると「肌が乾燥する(2-2)」と真逆にも思えますが、実は乾燥肌とベタつきには関係があります。そして肌がベタついた状態が続くことでニキビや毛穴の黒ずみ等の肌荒れの原因となります。

化粧水なしでスキンケアをすると、潤いがなくなり肌が乾燥します。そして肌が乾燥してバリア機能が低下すると、防御反応として皮脂を過剰に分泌するため肌がベタつくのです。

皮脂が過剰に分泌した、オイリー肌と呼ばれる状態になると、毛穴に汚れが溜まり、ニキビや黒ずみができやすくなります。

特に、男性は女性よりも皮脂の分泌量が2倍以上あるため、化粧水を使わずに乳液だけを使っていると肌トラブルを起こしやすいので注意が必要です。

3.これだけは欠かせない!スキンケアのポイント

スキンケアでは乳液だけでなく、化粧水も欠かせないことを説明してきました。そこで、この章では化粧水と乳液を合わせて使う場合のポイントについて解説していきます。

3-1.化粧水は500円玉、乳液は10円玉を目安に使う

実際にスキンケアをする際に、あなたは使用量まで気をつけれていますか?化粧水は1回の使用で500円玉硬貨を、乳液は10円玉硬貨ほどの量を目安にしましょう。

1度にたくさん使っても肌が弾いてしまい効果が薄れてしまうので、何回にも分けて使用する必要があります。

この際、乾燥肌の人は化粧水を多めに繰り返したり、オイリー肌の人は乳液を少なめにしておくなど、それぞれの肌質に合わせて使用してください。

3-2.化粧水が肌に馴染んでから乳液を使う

化粧水を使い終えたら次は乳液ですが、この時に化粧水を使ってすぐに乳液を使うのはNGです。

というのも、化粧水が肌に馴染む前に乳液をつけてしまうと、乳液が浸透しにくくなるだけでなく、化粧水と混ざることで濃度が薄まり乳液の効果が薄れてしまうからです。

化粧水は肌に馴染むまでに時間がかかるので、焦らずに時間を置いてから乳液を使うようにしましょう。

3-3.TゾーンとUゾーンで塗る量を変える

スキンケアにさらにこだわるにはTゾーンとUゾーンを使い分ける必要があります。おでこや鼻などのTゾーンは皮脂の分泌が特に多いのに対し、フェイスラインなどのUゾーンは比較的皮脂の分泌量が少ないです。これらの特徴の違いを意識してスキンケアを変える必要があります。

洗顔の際には、洗顔料をTゾーン→Uゾーンの順番で載せることで、皮脂の多いTゾーンの皮脂を取り除き、皮脂の少ないUゾーンの皮脂を取り除きすぎないことができます。

また、化粧水や乳液を使用する際には、乾燥しやすいUゾーンを重点的に重ね塗りすることで効果的にスキンケアをすることができます。

このように、スキンケアをする際にTゾーンとUゾーンで使い分けることで効果的に保湿をし、肌荒れを予防することができます。

関連記事

「化粧水と乳液に違いはあるの?知りたい」 あなたは今、そうお考えではありませんか。 化粧水も乳液も液体を肌につけるだけだし対して変わらない気がすると思いがちですが、実は化粧水と乳液は役割が全く異なるため両方使うことをおすすめします![…]

4.スキンケア化粧品ならバルクオムがおすすめ

正しいスキンケアの方法について学んだ方はスキンケア化粧品にまでこだわりましょう。中でもおすすめなのが、当メディアを運営するバルクオムの化粧品です。バルクオムがおすすめな理由は以下の2つです。

★肌のことを考え抜いた7つの共通成分を配合

★メンズスキンケア化粧品Amazonランキングで1位の実績

肌のことを考え抜いた7つの共通成分を配合

バルクオムでは肌のベースを整えるために研究を重ねた結果、7つの共通成分を全製品に配合しています。これらによって水分バランスを整え、肌本来の力を発揮します。

4ヶ月放置しても腐らないと言われている希少なリンゴの細胞を培養した「リンゴ果実培養細胞エキス」や「セイヨウシロヤナギ樹脂エキス」によって肌荒れを予防します。

また、「チャ葉エキス」や「ユズ果実エキス」や、「グリセリルグルコシド」、「加水分解シルク」、「温泉水」を配合しているので肌にトラブルを抱えている方もご利用いただけます。

バルクオムのスキンケアを始めてみる!

メンズスキンケア化粧品Amazonランキングで1位の実績

バルクオムはユーザー様の評価によって、メンズスキンケア化粧品としてAmazonランキング1位~3位を占めるにまで至りました。

また、バルクオム公式サイトからの購入で「洗顔料・化粧水・乳液」のセットが入った定期購入コースが初回76%OFFで利用することができます。

バルクオムのスキンケアを始めてみる!

5.乳液だけ まとめ

今回はスキンケアは乳液だけでも良いのかどうかについて解説しました。

乳液だけで十分?(1章)
・乳液だけのスキンケアは肌トラブルを引き起こす原因となる

乳液だけのスキンケアをおすすめしない理由(2章)
・乳液が浸透しにくく、肌荒れを引き起こす可能性がある。
・乳液には保湿効果はないので乾燥しやすくなる。肌が乾燥するとバリア機能が低下する。
・肌が乾燥した結果、皮脂が過剰分泌してニキビの原因にもなる。

スキンケアのポイント(3章)
・化粧水は500円玉、乳液は10円玉を目安に使う
・化粧水が肌に馴染んでから乳液を使う
・TゾーンとUゾーンでスキンケアの仕方を変える

乳液だけでのスキンケアは一見問題なさそうですが、実際には肌荒れの原因となる可能性があるため、化粧水と併用する必要があります。

正しいスキンケアの知識をつけるために、この記事がお役に立てば幸いです。

バルクオムのスキンケアを始めてみる!


この記事を読んだ方は以下の記事も読まれています

>メンズ美容塾 by BULK HOMME

メンズ美容塾 by BULK HOMME

「メンズスキンケアの、ベーシックであり続ける。」 ベーシックとは基準であり、基準とは研ぎ澄まされた価値です。 BULK HOMMEは、メンズスキンケアのベーシックとは何かを追い求めています。 だからこそ、男性の素肌を見つめ、妥協なき研究開発を繰り返しながら生み出す 製品のすべてにベーシックと呼べる実感と根拠があるのです。

CTR IMG
オーバーレイ