男の大人ニキビを予防するには「スキンケアが重要」|清潔感のある大人の肌になろう!

大人ニキビをを防ぎたい。」「そもそも大人ニキビと思春期ニキビの違いってなんだろう?

そのようにお考えではありませんか。

思春期のニキビとは場所が違う気がする。でも昔ほど顔がギトギトしてるわけでもないのに、なんでニキビができるんだろう?

大人のニキビは繰り返しやすいので、毎回ニキビができるか心配するのは大変ですね。

そんなあなたに本記事では大人のニキビについて徹底解説します。

本記事から分かること
・大人ニキビと思春期ニキビの違い
・大人ニキビができやすい場所
・大人ニキビができやすい人の特徴
・大人ニキビを予防するには「スキンケアが重要」
・正しいスキンケアの3ステップ
・大人ニキビを防ぎたい方にオススメのスキンケアアイテム
この記事を読めば大人ニキビについて詳しく理解することができ、繰り返す大人ニキビを予防する肌になるためのポイントがわかります。
3分で読める内容となっているので、是非御一読ください!
大人ニキビに悩む方に本記事が参考になれば幸いです。
大人ニキビと思春期ニキビの違い

思春期のニキビと、大人になってからできるニキビは原因が大きく異なります。

そのため大人ニキビを予防するには、大人ニキビの原因を知ることが大切。

ここでは大人ニキビと思春期ニキビのそれぞれの原因について詳しく解説します。

  • 思春期ニキビの原因
  • 大人ニキビの原因
  • 思春期ニキビ・大人ニキビできやすい場所

思春期ニキビの原因

思春期になるとホルモンバランスに変化が起き、男性ホルモンが増加します。

男性ホルモンは皮脂腺を刺激するため、皮脂腺の働きが活発になり皮脂の分泌が盛んに。

その結果毛穴詰まりを起こしやすくなり、皮脂をエサにするアクネ菌が増殖してしまうため、ニキビができやすくなります。

思春期ニキビは10代〜20代前半にできます。特徴としては脂っぽい肌の方に多くできるとされています。

大人ニキビの原因

思春期を過ぎてからできるニキビを「大人ニキビ」と呼びます。

大人のニキビは肌のターンオーバーの乱れによって、古い角質が溜まりやすくなり、毛穴がつまりが起きやすくなることが原因とされています。

肌ターンオーバーの乱れは「不規則な生活習慣」「間違ったスキンケア」「ストレス」「ホルモンバランス乱れ」によって起きると言われています。

そのため皮脂の過剰分泌が原因である思春期ニキビと違って、大人ニキビは皮脂の分泌が少ない乾燥肌の人にもできます。

また大人ニキビは一度できると治りにくく、繰り返しやすいのも特徴のひとつです。

思春期ニキビ・大人ニキビができやすい場所

思春ニキビはTゾーン(おでこ、鼻)にできやすいの対し、大人ニキビはUゾーン(顎、口周り)や首にできやすいのが特徴。

Tゾーンにニキビができる原因は皮脂腺が多いためですが、Uゾーンは乾燥に生じること多いです。

大人ニキビができやすい人の特徴

大人ニキビができやすい人は以下のような特徴があります。

大人ニキビができやすい人の特徴
・生活習慣が乱れている
・過剰にストレスがある
・間違ったスキンケアをしている
生活習慣の乱れが大人ニキビを起こす理由
不規則な生活習慣は身体機能低下を引き起こすため、肌のターンオーバーが低下し、大人ニキビを発生させます。
そのため生活習慣を整えることは大人ニキビに予防するために重要です。
特に「睡眠不足」「運動不足」「不摂生な食事によるビタミン・ミネラル・アミノ酸の不足」は注意が必要です。
過剰なストレスが大人ニキビを引き起こす原因
人間はストレスを受けると、身体がその事態に対処するために血管の収縮や覚醒反応が起きます。
その状態が続くと、免疫機能・身体機能が低下してしまうため、肌のターンオーバーも正常でなくなります。
結果として肌が乾燥し、大人ニキビができてしまいます。
間違ったスキンケアが大人ニキビを引き起こす原因
負担のかかる間違ったスキンケアを行うと、肌のバリア機能を低下します。
バリア機能が低下すると肌が乾燥しやすくなってしまうため、大人ニキビの原因に。
そのため大人ニキビを防ぐには、間違ったスキンケアを行わないことが大切。
間違ったスキンケアとは以下のようなものです。
  • ゴシゴシ洗顔している
  • 洗顔後保湿しない
  • 洗顔を一日3回以上行っている

大人ニキビを防ぐスキンケアのポイント3選

間違ったスキンケアの例についてはご紹介しました。

ここでは繰り返す大人ニキビを防ぐスキンケアのポイントを3つご紹介します。

スキンケアのポイント3選
・濃密な泡で肌の上を転がすように洗顔する
・洗顔後すぐに化粧水で保湿する
・乳液で肌の潤いをしっかりキープする

濃密な泡で肌の上を転がすように洗顔する

洗顔を行う際は手で洗わず泡で肌の上を転がすようにして、皮脂・汚れを落とすことが大切。

手で直接顔に触れてしまうと、肌との摩擦によって負担がかかってしまい、肌のバリア機能低下につながります。

そのためしっかり泡立てネットで泡を作り、手が肌と触れないようにしましょう。

したがって洗顔料は泡がしっかりたつものを選ぶと良いでしょう。

洗顔のコツ2選
①37℃程度のぬるま湯で洗顔する
(熱すぎ、冷たすぎは肌に良くない)
③しっかりとすすぐ
(すすぎ残しはニキビ悪化の原因に)

洗顔後すぐに化粧水で保湿する

洗顔後の肌は皮脂とともに潤い成分が流れてしまっているので、乾燥しやすい状態になっています。

そのため洗顔後は必ず化粧水でしっかり潤いを与えましょう。

化粧水のコツ3選
①500円玉程度の量を手に取る
②手で優しくプッシュして馴染ませる
(強くつける押し付けると肌にとって負担になる※「特にニキビがある箇所は優しく」)
③Uゾーンを入念に
(皮脂が少なく乾燥しがちな頬・フェイスラインを中心に使う)

乳液で肌の潤いをしっかりキープする

化粧水使用後は乳液による保湿が必須です。

化粧水は肌から蒸発しやすいため、潤いをキープする必要があります。

そのため乳液の油分で水分に蓋をすることで、潤いを長時間キープすることができます。

乳液のポイント2選
①10円玉程度の量を使用
②Tゾーンは少なめに
(過度なべたつきの原因に)
https://bulk.co.jp/articles/?p=1723

大人ニキビを防ぎたい方にオススメのスキンケアアイテム

大人ニキビ防ぎ清潔感溢れる肌を目指す方には、バルクオムの洗顔料・化粧水・乳液・泡立てネットがついてくるフェイスケア3STEPコースがおすすめです。

バルクオムはメンズ肌向けに研究・開発されたメンズスキンケアブランド。

累計出荷本数は777万本あり、日本だけでなく世界中の多くの男性に使用されています。

以下の3つの代表的な特徴があります。

バルクオムフェイスケアコースの特徴
・皮脂をしっかり洗い落としつつ潤い成分を残す「クレイミネラルズ」が配合された洗顔料
・7種類の保湿・整肌成分によって肌に潤いを与えてキメの整える
・サッパリとした使用感で素肌感覚の使い心地

大人ニキビ まとめ

今回は大人ニキビについて詳しく解説しました。

  • 大人ニキビは肌のターンオーバーの乱れによって起きるので、思春期ニキビとは原因が違う
  • 大人ニキビができやすい場所はUゾーン(顎、口元)
  • 大人ニキビができやすい人の特徴「生活習慣が乱れている」「過剰にストレスを抱えている」「間違ったスキンケアをしている」
  • 大人ニキビを予防するスキンケアのポイント3選「泡で肌の上を転がすように洗顔」「洗顔後すぐに化粧水を使用する」「乳液で保湿力を高める」

大人ニキビを予防するには「生活習慣を整えること」「ストレスを定期的に発散すること」「正しいスキンケア」を行うことが大切です。

これから大人ニキビを予防するために、バルクオムのフェイスケアコース3STEPをおすすめします。

肌の汚れをしっかり落としつつ、肌本来に潤いを浸透させることができるので、大人ニキビができづらい肌に近づけることができます。

単品合計価格税込10,450円するコースですが、初回限定で税込2,480円で始められます。また万が一肌に合わない方のためにも、発送から23日間の全額返金保証がついてきます。

大人ニキビを予防して、清潔感あふれるつるんとした肌に近づきたい方は、この機会にバルクオムを始めてみませんか?

>メンズ美容塾 by BULK HOMME

メンズ美容塾 by BULK HOMME

「メンズスキンケアの、ベーシックであり続ける。」 ベーシックとは基準であり、基準とは研ぎ澄まされた価値です。 BULK HOMMEは、メンズスキンケアのベーシックとは何かを追い求めています。 だからこそ、男性の素肌を見つめ、妥協なき研究開発を繰り返しながら生み出す 製品のすべてにベーシックと呼べる実感と根拠があるのです。

CTR IMG
オーバーレイ