頭皮のカサカサを抑える7つの方法!フケやかゆみを予防するには

「頭皮がカサカサして白いフケがポロポロと出る」

「毎日シャンプーをしているのに頭皮が乾燥してかゆい」

そのようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

ズバリ申します!
「頭皮のカサカサを抑えるために頭皮のケアや生活習慣を見直すことが重要です!」

この記事では、
「頭皮がカサカサする原因」
・「頭皮のカサカサを抑えるための対策」
を徹底的に解説しています。

さらに、「おすすめのシャンプー」「頭皮の病気の症状」「頭皮がカサカサしてしまうNG行為」についても紹介してるため頭皮のカサカサを予防することもできます。

この記事が頭皮のカサカサに悩むあなたのお役に立てれば幸いです。

〜この記事のポイント〜

  • 頭皮がカサカサする原因は、「バリア機能の低下」「空気の乾燥」「生まれつきの乾燥肌」「皮膚の病気」の4つ
  • 頭皮のカサカサを抑えるには、「正しくシャンプーをする」「自分に合ったシャンプーを使う」ことが重要!
  • 男性の頭皮のカサカサを予防するためには泡立ちの良いシャンプーで、頭皮ケアを行おう
  • バルクオムのメンズシャンプーでカサカサ頭皮を予防しよう!

バルクオムのシャンプー

頭皮がカサカサする4つの原因|頭皮の乾燥に要注意

自分の頭皮がカサカサする原因をしっかりと知り、適切な対処をできるようにしましょう。

  • バリア機能の低下
  • 空気の乾燥
  • 生まれつき乾燥肌
  • 皮膚の病気

バリア機能の低下

バリア機能とは、皮膚の表面にある角質層が「外部からの刺激、異物から皮膚を守る」、「体内に蓄えている水分の蒸発を防ぐ」役割のことをいいます。

健康な頭皮は、ターンオーバーという細胞の入れ替わりを行うことによってバリア機能を維持しています。

頭皮のバリア機能が低下すると保湿ができなくなってしまったり、外部からの刺激を受けやすくなるため乾燥し「カサカサ」してしまいます。

頭皮のバリア機能が低下する原因を4つご紹介します。

  1. 誤った頭皮ケア
  2. 過度なストレス
  3. 食生活の乱れ
  4. 紫外線

バリア機能が低下する要因①誤った頭皮ケア

誤った頭皮ケアをしていると、バリア機能が低下してしまいます。

「頭皮に必要な皮脂」まで洗い流してしまうからです。

頭皮の皮脂は本来頭皮を保湿する役割があるため、必要以上に洗い流してしまうと潤いがなくなって頭皮の免疫力が下がります。

その結果、ターンオーバーのリズムが早まって未熟な角質細胞まで剥がれ落ちるようになります。

この剥がれ落ちた角質細胞が原因で頭皮がカサカサします。

バリア機能が低下する原因②過度なストレス

過度なストレスでバリア機能が低下する理由は以下の通りです。

過度なストレスを受けると血流が悪くなる

頭皮に栄養が行き届かなくなる

肌の組織が正常に作られない

ターンオーバーが正常に行われなくなる

バリア機能が低下する

過度なストレスを受けると頭皮がカサカサしてしまう原因になります。

バリア機能が低下する原因③食生活の乱れ

偏食やダイエットによって食生活が乱れると肌のターンオーバーが乱れてバリア機能が低下します。

食べ物から摂れるタンパク質、ビタミン、ミネラルは肌のターンオーバーを正常に保つために必要な栄養素です。

一方で、ファーストフードは「糖質」や「脂質」が多いため偏った食事になってしまい頭皮を正常に保つために必要な栄養素が不足してしまう原因になってしまいます。

バリア機能が低下する原因④紫外線

紫外線を浴びると、皮膚は外的刺激から守ために角質(皮膚の一番外側)の厚みを増やそうとします。

古い角質が剥がれ落ちずに、厚く重なってしまうとターンオーバーが乱れてしまい肌が乾燥してしまいます。

頭皮は肌に比べて3倍もの紫外線の影響を受けることがわかっており、頭皮の紫外線対策は必須であると言えます。

空気の乾燥

「温度」の変化によって「湿度」が低下すると頭皮が乾燥しカサカサしてしまいます。

特に冬は、気温も湿度も急激に下がるため頭皮の乾燥も起きやすくなってしまいます。

暖房で室内の温度が上がると、空気中の水分量が変わらなくても湿度は下がってしまうため空気が乾燥してしまいます。

また、夏でもエアコンの風に直接当たる場所に長時間いると乾燥してしまう原因になります。

生まれつき乾燥肌

顔や体の皮膚が乾燥しやすい人は頭皮も同様に乾燥しやすいためカサカサしやすい傾向にあります。

生まれつき乾燥肌の人は、もともとヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン、エラスチンなどの保湿に関係する成分が少ないことが関係しています。

この場合もまずは正しいスキンケアでしっかりと保湿をすることが必要です。

皮膚の病気

頭皮の病気が原因でカサカサしてしまうこともあります。

頭皮がカサカサしてしまう病気の症状をしっかり確認し、病気がどうか確認しましょう。

当てはまると感じた方は、病院に行くことを推奨します。

  • 脂漏性皮膚炎
    頭や生え際、顔面などの皮脂が多い部分にできる湿疹のこと。ひどいフケが固まってかさぶたになることもあります。
  • 接触皮膚炎
    シャンプー、毛染め剤、パーマ液などのが頭に触れてかぶれた症状。
  • アトピー性皮膚炎
    皮膚のバリア機能が低下した状態にアレルゲン(ダニ・ホコリ・食べもの)の侵入や環境的要因が重なって湿疹を繰り返す症状。

頭皮のカサカサを抑えるため対策3選【頭皮ケア編】

頭皮のカサカサを抑えるための対策をしっかりとしましょう。

まず重要なのは、しっかりと頭皮ケアをすることです。

  • 誤った頭皮ケアをしない
  • アミノ酸系シャンプーを使う
  • 頭皮ローションで保湿する

誤った頭皮ケアをしない

やってしまいがちな誤った頭皮ケアを紹介します。

誤った頭皮ケアチェックリスト

✔︎自分に合っていないシャンプーを使っている
✔︎シャンプー剤を良く泡立てず、直接頭皮や髪につけている
✔︎朝も夜もシャンプーをする
✔︎二度洗いする
✔︎爪を立てて強く洗ってしまう
✔︎コンディショナーやトリートメントが頭皮についてしまってる
✔︎40度以上のシャワーで髪を流している
✔︎ドライヤーを使わず自然乾燥させている

チェックリストに該当する項目がある人は頭皮ケアの方法を見直してみましょう。

また、正しい頭皮の洗い方をより詳しく知りたい方は、正しい頭皮の洗い方をしっかりと読んで実践しましょう。

アミノ酸系シャンプーを選ぶ

「頭皮がカサカサして白いフケが出る」「頭皮が乾燥してかゆい」という方には低刺激で保湿力が高いアミノ酸系シャンプーをおすすめします。

本来、私たちの皮膚や髪はタンパク質で構成されています。

そのタンパク質はアミノ酸で構成されているため、アミノ酸系シャンプーは髪や皮膚と同じ成分です。

そのためアミノ酸系シャンプーは頭皮や髪にとって比較的低刺激なシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーでおすすめなのがBULK HOMMEの「THE SHAMPOO」です。

BULK HOMMEの「THE SHAMPOO」を使えば、頭皮や髪に負担をかけずにしっかりと保湿をし乾燥を防ぐことができます。

THE SHAMPOOの特徴
・クレンジング成分配合の粘りと弾力のある濃厚泡で皮脂や汚れをしっかり洗浄する
・3種類の保湿成分が吸着型の保湿膜を形成し頭皮の乾燥を防ぐ

通常税込価格が3,300円ですが、シャンプーとトリートメントを含むヘアケアコースが初回1,480円で始めることができます。

また頭皮に合わない方のために、発送から23日間は全額返金保証もついています。

頭皮用ローションで保湿する

頭皮の乾燥を防ぐためには頭皮ローションで保湿をすると効果的です。

頭皮ローションの主な成分はヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分です。

頭皮用ローションの使い方

1.髪を洗ったあとしっかりとタオルで乾かす
2.頭皮にローションを塗って、指の腹でマッサージしながらなじませていく
3.複数の箇所を満遍なくなじませた後にドライヤーで乾かす

頭皮のカサカサを抑えるための対策3選【生活習慣編】

正しい頭皮ケアを行えるようになったら生活習慣の見直しも行いましょう。

  • 運動・ストレッチをする
  • 半身浴をする
  • 糖質や脂質を摂りすぎない

運動・ストレッチをする

血流を良くし、頭皮のバリア機能を正常にさせるために適度な運動やストレッチを欠かさないようにしましょう。

運動やストレッチをすると、筋肉が活性化するため毛細血管が広がり頭皮に栄養が行き届きます。

頭皮にきちんと栄養が届くとターンオーバーが正常になるため頭皮の乾燥を防ぐことができます。

半身浴をする

半身浴も血行を良くしてくれる効果があるため健康な頭皮を保つために効果的です。

半身浴の後は、しっかりとローションを使って頭皮を保湿してあげることによって頭皮の乾燥を防ぐことにも繋がります。

糖質や脂質を摂りすぎない

糖質や脂質がメインの食事になっている方は、頭皮に必要なタンパク質やビタミンが不足してしまっている可能性があります。

タンパク質には、肌細胞のコラーゲンをつくる素となり肌のターンオーバーを促す役割があります。

ビタミンにも肌のターンオーバーのリズムを改善する役割や、コラーゲンの生成を促す役割があるため健康な頭皮には欠かせない栄養素になります。

これらの栄養素をバランス良く取るために糖質や脂質に偏った食事は控えるようにしましょう。

対策をしても治らない場合は薬をもらいに皮膚科に行く

先に紹介した方法を実践しても頭皮のカサカサが治らず、フケ、かゆみ、炎症が治らない場合は皮膚科の専門医に相談しましょう。

皮膚科の治療では、まず外用薬がよく用いられます。

その後もかゆみや炎症が続く場合抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬、また頭皮のターンオーバーを促進するためにはビタミンB2やビタミンB6が用いられます。

意外とやってる!?頭皮がカサカサするNG行為2選

冷暖房で乾燥した部屋に長時間いる

冷暖房で乾燥した部屋に長時間いると頭皮が乾燥してカサカサしてしまいます。

さらに、冷暖房で乾燥した部屋に長時間いた後、外に出ると温度差で頭皮が乾燥してしまいます。

もし冷暖房を効かせたい場合は、加湿器などでしっかりと空気の乾燥対策を行いましょう。

頭皮をガードしないで外出する

外出している間に頭皮は紫外線のダメージを受けています。

紫外線対策をしないで外出してしまうと頭皮が乾燥してカサカサする原因になってしまいます。

そのため、外出の前に髪用のUVスプレーを使い、外出時は帽子や日傘で紫外線対策を行いましょう。

頭皮 カサカサ まとめ

今回は、頭皮のカサカサの原因と対策についてご紹介してきました。

この記事でご紹介した内容をしっかり実践して頭皮のカサカサを抑えられれば幸いです。

  • 頭皮がカサカサする原因は、「バリア機能の低下」「空気の乾燥」「生まれつき乾燥肌」「皮膚の病気」の4つ
  • 頭皮のカサカサを抑えるには「誤った頭皮ケアをしない」「自分に合ったシャンプーを選ぶ」「頭皮用ローションで保湿する」ことが重要
  • 運動やストレッチ、半身浴で血行を良くして頭皮に栄養を行き届かせる
  • 糖質や脂質の多い食事は避ける

BULK HOMME「THE SHAMPOO」

この記事でおすすめしたシャンプーはBULK HOMME「THE SHAMPOO」になります。

「頭皮からフケがポロポロ落ちてくる」「頭皮がカサカサしてかゆい」という方は、自分の頭皮に合っていないシャンプーの可能性があります。

バルクオムのシャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーのため頭皮トラブルに悩むあなたにおすすめの商品になります。

ぜひ一度始めてみてください!

また頭皮に合わない方のために、発送から23日間は全額返金保証もついています。

>メンズ美容塾 by BULK HOMME

メンズ美容塾 by BULK HOMME

「メンズスキンケアの、ベーシックであり続ける。」 ベーシックとは基準であり、基準とは研ぎ澄まされた価値です。 BULK HOMMEは、メンズスキンケアのベーシックとは何かを追い求めています。 だからこそ、男性の素肌を見つめ、妥協なき研究開発を繰り返しながら生み出す 製品のすべてにベーシックと呼べる実感と根拠があるのです。

CTR IMG
オーバーレイ