頭皮の脂を抑える方法3選!ベタつく原因を知って清潔感のある頭皮へ!

「頭皮の脂が気になってしょうがない。どうにかできないかな。」

あなたは今、そうお考えではありませんか?

頭皮のベタつきは放置しておくと自然には治らない皮膚炎になることも。

そこでこの記事では ・頭皮の脂が出る3つの原因 ・頭皮の脂の3つの解消法 について徹底解説。

さらに、頭皮の脂をさっぱりさせるために、「洗浄力の強いおすすめのシャンプー」を紹介しているので、頭皮脂の悩みが解消されるはずです!

頭皮のベタつきを予防して清潔感のある地肌にするために、この記事がお役に立てば幸いです。

それでは早速見ていきましょう!

この記事を読むとわかること

  • 頭皮の脂が抑えられていない要因は、頭皮へのスキンケアが間違っていること
  • メンズの頭皮に合ったシャンプーを使うことで、頭皮の脂を落とすことできる
  • 有名ブランドの高品質スキンケアを、77%offで始める方法をご紹介!

 

\気になる頭皮の臭いに!/

バルクオムのヘアケアを始めてみる! 初回1,480円(77%OFF)

1.頭皮脂の3つの症状|放置すると治療が必要に!

1-1.髪がベタつく

頭皮の毛穴から皮脂が出ることで髪がべたつきます

これは何らかの原因によって皮脂が過剰に分泌されると、頭皮から髪にも皮脂が移行していくためです。

さらに、頭皮に皮脂が貯まると頭皮環境が悪化して髪の毛の成長が妨げられます。

その結果抜け毛・薄毛の原因になることも。

髪がベタついたりして頭皮環境が悪いと不潔な印象を与えてしまうだけでなく、薄毛進行の原因になってしまうので、日頃からしっかりケアしていくことが大切です。

1-2.頭皮が痒くなる

頭皮には「アクネ菌」「表皮ブドウ球菌」などの菌が常に存在しており、これらを常在菌と呼びます。

常在菌は皮脂を栄養としているため、皮脂が過剰に分泌されると常在菌が増えることに。

常在菌のバランスが崩れると頭皮に炎症が起きるため痒みの原因となります

かゆみを放置しておくと医療機関での治療が必要な皮膚炎になることもあるため注意が必要です。

1-3.臭いが出る

皮脂の過剰分泌によって常在菌が繁殖すると、かゆみだけでなく臭いも発生させます。

特に男性は女性に比べて皮脂の分泌量が2倍以上も多く、頭皮に常在菌が繁殖しやすい環境ですので頭皮環境の悪化予防に取り組む必要がありあます。

2.脂が出る3つの原因|頭皮以外との関連が?

2-1.シャンプーで皮脂が落とせていない

頭皮の脂が気になる方はシャンプーで皮脂を十分に落とせていない可能性があります。

そもそもシャンプーの役割として「髪」を洗うだけではなく、「頭皮」に着いた皮脂などの汚れを落とすことも重要です。

このため、使用しているシャンプーの洗浄力が弱いと十分に皮脂を落とせずに皮脂が溜って臭いや痒みの原因に

また、シャンプーの前に頭皮の汚れを十分に洗い残せていなかったり、シャンプーの泡立てが不十分だと皮脂が溜まってしまう原因となるので、正しいシャンプーの方法をマスターする必要があります。

①シャンプーの洗浄力が弱い→皮脂が蓄積 ②シャンプーのやり方を間違える→皮脂が蓄積

2-2.生活習慣が乱れている

1.睡眠不足
2.運動不足
3.脂質・糖質の多い食事

2-2-1.睡眠不足

睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪いと、成長ホルモンの分泌が不足します。

成長ホルモンが不足すると「ターンオーバー」が乱れる原因に。

ターンオーバーとは?
ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのサイクルのこと。
サイクルはおよそ6週間で起きており、古い細胞は垢や角質として排出され、新しい細胞と入れ替わります。
睡眠不足などによってこのターンオーバーが乱れると、細胞の生まれ変わりが起こらず角質や垢が蓄積してしまい、頭皮環境を悪化させます。
頭皮環境が悪いと地肌の乾燥を招き、その防御反応として皮脂が分泌され、頭皮がべたついてしまいます。
睡眠不足→(成長ホルモンが不足→ターンオーバーが乱れる→頭皮が乾燥)→皮脂が過剰に分泌

2-2-2.運動不足

運動不足になると血行が悪くなり、頭皮に必要な酸素や栄養などの供給が少なくなります。

頭皮の栄養が不足すると肌のターンオーバーが乱れるため、睡眠不足の時と同様に皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

運動不足→(頭皮の栄養が不足→ターンオーバーが乱れる→頭皮が乾燥)→皮脂が過剰に分泌

2-2-3.脂質・糖質の多い食事をとっている

脂質の多い食事を消化するのにはビタミンを多く消化します。

ビタミンには皮脂の分泌を抑える働きがあるので、脂質の消化にビタミンが失われると皮脂が過剰分泌されることに。

さらに、脂質は体内で中性脂肪に変わることで皮脂の原料となってしまいます。

また、糖質を過剰に摂取すると血糖値が上がり、皮脂腺を刺激するインスリンが過剰に分泌されてしまいます。

①脂質を摂取→消化のためにビタミン(皮脂を抑える働き)を使う→皮脂が過剰に分泌
②脂質を摂取→
体内で中性脂肪に変わる→皮脂の原料に
③糖質を摂取→
血糖値が上昇→皮脂腺を刺激するインスリンが増加→皮脂が過剰に分泌

2-3.ストレスを抱えている

過剰なストレスを受けると自律神経が乱れ、その結果ホルモンバランスの乱れに繋がります。

ホルモンバランスの乱れはターンオーバーのサイクルを乱すので皮脂の過剰分泌を引き起こします。

また、自律神経が乱れると血管が収縮することで頭皮に送られる栄養が不足してしまい、頭皮環境の悪化に繋がります。

①ストレス→(自律神経の乱れ→ホルモンバランスの乱れ→ターンオーバーの乱れ→頭皮が乾燥)→皮脂が過剰分泌
②ストレス→
(自律神経の乱れ→血管の収縮→頭皮の栄養が不足→ターンーオーバーの乱れ→頭皮が乾燥)→皮脂が過剰分泌

3.頭皮脂の臭いを”根本から”抑える3つの方法

3-1.シャンプーを見直す

3-1-1.シャンプーを変える

シャンプーが合っていないと皮脂の蓄積に繋がってしまいます。

シャンプーをしても髪のベタつきを感じるという方は一度シャンプーを見直してみると良いでしょう。

\頭皮脂が気になる方に!/
バルクオムのヘアケアを始めてみる! 初回1,480円(77%OFF)

3-1-2.シャンプーのやり方を変える

シャンプーのやり方を間違えている場合も皮脂を十分に落とすことができません。

「お湯で皮脂を十分に洗い流せていない」「シャンプーの泡立てが不十分」など、心当たりがある方はシャンプーの正しいやり方を理解するようにしましょう。

シャンプーの正しいやり方
1.髪をブラッシングする
2.お湯で頭皮の汚れを洗い流す
3.シャンプーを十分に泡立てる
4.地肌をマッサージするように洗う
5.髪の毛はなるべく優しく洗う
6.シャンプーを良く洗い流す
7.トリートメントを使う 8.髪と地肌をしっかりと洗い流す
関連記事

「頭皮の乾燥対策って何をすればいいんだろう?」 そのようにお考えではありませんか。 頭皮の乾燥のせいでフケや頭皮ニキビが増えている。乾燥によって頭皮が痒くなるのを解消したい。 頭皮の乾燥は男女共通の悩みであり、乾燥する原因[…]

3-2.生活習慣を見直す

1.睡眠を改善する
 
2.運動をする
3.バランスの良い食事を摂る

3-2-1.睡眠を改善する

頭皮にとって睡眠は成長ホルモンを分泌して肌のターンオーバーを整える重要な役割があります。

成長ホルモンは「22時〜深夜2時」に多く分泌されるので、日付がかわる24時までには就寝することがカギに。

睡眠時間を確保することも大切ですので、最低6時間は寝るようにしましょう。

睡眠ホルモン「メラトニン」
夜なかなか寝付けないという方は夜間に強い光を浴びていることが原因かも。
睡眠を誘導する作用のある「メラトニン」は光を浴びることによって調整されていますが、スマートフォンやコンビニ・自動販売機などの強い光を夜間に浴びることでメラトニンの分泌が抑えられてしまいます。
その結果なかなか寝付きにくくなってしまうので、夜間は光を浴びない・必要であればメラトニンサプリを摂取してみるなどを意識すると良いでしょう。

3-2-2.運動をする

運動も頭皮環境の予防には欠かせません。

運動によって血行を促進することで頭皮に十分な栄養を届けることが可能に

一人で簡単に始められる「ウォーキング」「水泳」などでも十分に血行を促進することができます。

運動が苦手な方はアクション気分を味わえる「ボルダリング」「ダンス」などもおすすめです。

3-2-3.バランスの良い食事をする

脂質や糖質の多い食事は皮脂の分泌を促進する原因に。

脂肪や糖質の多い食事をする際は、皮脂の分泌を抑える働きがあるビタミンをセットにして摂取するようにしましょう。

脂肪と糖の吸収を抑える「難消化性デキストリン」
難消化性デキストリンとは、とうもろこし等の天然のデンプンから生まれた食物繊維のこと。
特定保健用食品(トクホ)として様々な健康飲料に含まれています。
その主な効果は①脂肪と糖の吸収を抑える、②ミネラルの吸収促進、③内臓脂肪を減らす、④腸内環境を整えるといった頭皮の環境だけでなく、健康に良い効果も多いため食事改善の手助けとして利用してみてはどうでしょうか。

3-3.ストレスを解消する

ストレスを解消することは自律神経を整え、ターンオーバー促進や頭皮の栄養補給に繋がります。

特に、睡眠や運動はそれだけでも頭皮環境の悪化予防に繋がるだけでなく、ストレスを改善して間接的に皮脂の分泌を抑える効果が期待されます。

自分の思いをノートに書き殴ったり、誰かと話すだけでもストレスを解消する効果があるので、簡単なことからストレス解消に取り組んでみると良いでしょう。

4.【治療が必要】頭皮脂の放置による2つの症状

4-1.脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは皮脂の分泌が盛んな部位にできやすい湿疹のことです。

赤みがあり、フケは黄色みを帯び、湿っていることが特徴

乾燥したうろこ状のフケが出ることもあります。

さらに悪化するとフケが固まってかさぶたのようになることも。

一度発症すると自然治癒することは難しく、治ったとしても再発しやすいため、病院での治療が必要になります。

4-2.抜け毛・薄毛

頭皮に皮脂が蓄積すると頭皮環境が悪化して髪の毛の成長が妨げられてしまいます。

抜け毛が進行するほど頭皮環境が悪化すると、塗り薬や飲み薬を使った皮膚科での治療が必要になります。

このような事態になる前にシャンプーを見直したり、生活習慣を改善するなど、すぐに始められることから改善してみてはどうでしょうか。

5.頭皮の脂が気になる男性にはTHE SHAMPOO(バルクオム)がおすすめ

頭皮の皮脂を取り除くために欠かせないのがシャンプーです。

頭皮の脂にお悩みの方におすすめなのが、当メディアを運営するバルクオムのTHE SHAMPOOです。

理由は以下の3つです。

  • 汚れをしっかりと落とす洗浄力
  • 頭皮と髪を吸着保湿
  • 重く粘りのある持続泡によって頭皮を保護

THE SHAMPOOの特徴①:汚れをしっかりと落とす洗浄力

バルクオムのTHE SHAMPOOは植物性のクレンジング成分である「ラウリン酸ポリグリセリルー10」を配合することで、頑固な油性汚れをしっかりと洗浄。頭皮の脂が気になる男性の皮脂もしっかりと洗い流すことが可能です。

\気になる頭皮の臭いに!/
バルクオムのヘアケアを始めてみる! 初回1,480円(77%OFF)

THE SHAMPOOの特徴②:頭皮と髪を吸着保湿

THE SHAMPOOは汚れを取り除くだけではありません。

洗浄によるキシみを防ぎ、髪に柔軟性を持たせる吸着型のコラーゲン「加水分解コラーゲンPGプロピルメチルシランジオール」によって保護膜を形成し、頭皮をしっかりと保湿

頭皮と髪に優しいシャンプーとなっています。

\頭皮脂が気になる方に!/
バルクオムのヘアケアを始めてみる! 初回1,480円(77%OFF)

THE SHAMPOOの特徴③:重く粘りのある持続泡によって頭皮を保護

シャンプーの泡は摩擦を和らげてダメージを防ぎ、頭皮環境を整える上で非常に重要になります。

また、頭皮の隅々まで汚れを包み込むことによって汚れの除き漏れを防ぐことが可能になります。

このようにTHE SHAMPOOは洗浄力と使用感が両立したシャンプーとなっているので、頭皮の脂に悩む男性に非常におすすめです。

\頭皮脂が気になる方に!/
バルクオムのヘアケアを始めてみる! 初回1,480円(77%OFF)

6.頭皮の脂 まとめ

■1章:頭皮脂の症状

・皮脂が過剰に分泌→髪のベタつき
・常在菌が皮脂を餌に繁殖→臭い
・かゆみの原因に

■2章:頭皮脂の原因

・シャンプーを間違えると皮脂を十分に取り除けない
・生活習慣の悪化、ストレス→肌のターンオーバーが乱れてベタつきに

■3章:頭皮脂の予防法

・シャンプーを正しく使用して皮脂の除き漏れを防ぐ
・生活習慣の改善、ストレス解消によって皮脂が出る原因を解消

■4章:頭皮脂の症状

・脂漏性皮膚炎:頭皮が赤く、フケも黄色くなる。一度かかると再発しやすい。
・抜け毛、薄毛:頭皮環境悪化による抜け毛は塗り薬・飲み薬などの治療が必須。

■5章:頭皮脂が気になる男性にはTHE SHAMPOO(バルクオム)がおすすめ

・汚れをしっかりと落とす洗浄力
・洗浄だけでなく頭皮の保湿も欠かさない
・重く粘りのある泡で汚れを取り除く

頭皮の脂の症状を放置しておくと脂漏性皮膚炎や抜け毛など、治療が必要になることも。

原因と予防策を深く理解して、それを行動に移すことが大切です。

頭皮脂の悩みを予防するためにこの記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

\気になる頭皮の臭いに!/
バルクオムのヘアケアを始めてみる! 初回1,480円(77%OFF)

メンズ美容塾 by BULK HOMME

「メンズスキンケアの、ベーシックであり続ける。」 ベーシックとは基準であり、基準とは研ぎ澄まされた価値です。 BULK HOMMEは、メンズスキンケアのベーシックとは何かを追い求めています。 だからこそ、男性の素肌を見つめ、妥協なき研究開発を繰り返しながら生み出す 製品のすべてにベーシックと呼べる実感と根拠があるのです。

CTR IMG
オーバーレイ
×
フッターオーバーレイ