THE SUNSCREEN

  • THE SUNSCREEN
  • THE SUNSCREEN
  • THE SUNSCREEN

紫外線から、守る。※1
肌視点で、守る。

紫外線から、肌を守る※1ために。
肌発想で考えられた、“THE SUNSCREEN”。日焼け止め自体が肌に優しくあることを何よりも大切に考え、「石油系界面活性剤」「シリコン」「紫外線吸収剤」をフリーに。さらに、保湿成分を配合したスキンケア仕様の日焼け止めです。
※1 : 日焼け止めが紫外線を防ぐ

保湿力

低い

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

高い

紫外線
防止力

低い

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

高い

使用感

軽い

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

重い

肌への
密着度

低い

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

高い

共通7成分について

「美しい肌」とは、目に見える表面的な部分だけを指しているわけではありません。

DEVELOPER STORY

開発者ストーリー

THE SUNSCREENは、石けん成分で落とせるものを作るという前提で開発が始まりました。石けんで落とせるという条件は、女性用の日焼け止めと比べると機能の制限が多く、かなり開発のハードルは高かったです。

シリコンやオイルを使えば、汗皮脂に強くできるので、持ちを長くし、高い機能を実現しやすい反面、石けんで落とすことは難しくなる。逆に、石けんで落とせるようにすると、紫外線防止機能が低くなってしまう。開発者として、この矛盾を乗り越える必要がありました。

しかしBULK HOMMEの日焼け止めは、皮脂でも崩れないような皮膜を作ることに成功しました。SPF40、PA+++という高い紫外線防止効果を保ちながらシリコンやオイルではなく、油ではない皮膜を作ることで撥水性を高め、持ちを良くするということを実現できました。

COMMITMENT TO DEVELOPERS

開発者のこだわり

1.6つのフリー
日焼け止めに頻用されている石油系界面活性剤、シリコン、紫外線吸収剤のほか、パラベン、合成着色料、鉱物油は使用していません。
2.使いやすさ
普段使いからアウトドアまで使えるUVカット性能なのに、白浮きしにくく、石けんで落とせる処方です。
3. 肌へのアプローチ
保湿成分・美容成分を配合し、乾燥などの紫外線ダメージに対するブロック膜を形成。
素肌を保護し、乾燥から肌を守ります。

HOW TO USE

  1. Step.1 Step.1

    パール1個分程度を手に取ってください。

  2. Step.2 Step.2

    スキンケアをした後の肌に乗せ、顔全体に均等になじませてください。

  3. Step.3 Step.3

    少量を薄く伸ばすとムラになりやすいので、顔全体にムラなく塗れる量を使用してください。

  4. Step.4 Step.4

    手に残った分は、首元やデコルテなどに使用してください。

THE SUNSCREEN

THE SUNSCREEN

2,000(税別)

日焼け止め / 内容量:40g

夏だけでなく、365日降り注いでいる紫外線から肌を守るために、男性でも毎日使える日焼け止めをつくりました。スキンケアと共通配合の美容成分に加え、アーティチョーク葉エキスが紫外線による炎症から来る乾燥トラブルから肌を守ります。男性にとっての使いやすさを考え、汗・皮脂に強いのに石けん成分で落とせる、低刺激処方の日焼け止めです。

INGREDIENTS

全成分表示

水、エチルヘキサン酸セチル、酸化チタン、トリエチルヘキサノイン、イソヘキサデカン、ペンチレングリコール、ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート80、ステアリン酸AI、ベヘニルアルコール、スクワラン、ポリヒドロキシステアリン酸、リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解シルク、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アーチチョーク葉エキス、グリセリン、チャ葉エキス、グリセリルグルコシド、温泉水、ユズ果実エキス、ヤシ脂肪酸スクロース、キサンタンガム、レシチン、BG、ステアレス-2、アルミナ、アクリレーツコポリマー、t-ブタノール、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、水酸化Na、グリシン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

  1. HOME / 
  2. ALL PRODUCT / 
  3. THE SUNSCREEN