1afcd5c2917c290dde285b01c887583e

4℃でもいいじゃない


毎年クリスマスの時期になると巻き起こる「ティファニー・4℃問題」。クリスマスプレゼントに4℃のアクセサリーやティファニーのオープンハートを選ぶ男は分かってないよね、それで喜ぶ女もチョロいよね、というお話です。

プレゼントにセンスを発揮しなければならなくなってしまったのは、大人になった証拠なのかもしれない…そう思いながら、クリスマス直前の新宿の街にプレゼントを買い求める人々の波を見ていました。

なにを隠そう学生時代にTHE・CanCam読者だった元カノに4℃のペアリングをプレゼントしたのは私です(笑)! ええ、そうです。それはそれは喜んでくれましたね、当時は。だって、CanCam編集部でバイトをしていた先輩に「プレゼントは4℃の指輪とTop’sのケーキで間違いない」ってアドバイスを貰ったから。なんだか可愛い学生時代の思い出です。

高校時代、恋愛はたくさんしてきたものの、プレゼントを与え合う関係性のことを人は本来「大切な人」と呼ぶのだろうと悟りました。人にモノを、それも喜んでもらうために選ぶのってすごく難しい。これがいわゆる大人の階段駆け上がる恋のファースト・ステップってやつだったのでしょう。

時は流れて2016年。完全なるプレゼント選び下手芸人がここに。モノよりエクスペリエンスをプレゼントしたいんや…という逃げ文句は使い切りの言葉でしかない。

女性の皆さんに声を大にして言いたい。こちら(男)サイド、プレゼント選びにはめっちゃカロリーを消費しております。身に付けるものであれば尚更、「あれ…あげたのに付けてくれてるところ見たことない…」なんて言いませんがちゃんと気にしてます。「捨てました?」つって。

こうして改めて、4℃をダサいと主張する女性のことを考えてみると、この傾向は東京っぽさに似ていると思った。彼女が喜ぶプレゼントも、思い出に残るディナーも、なんていうか東京的だ。シビアで、そしてシニカルである。

田舎出身(処女寄り)の女性は、(私のために)選んでくれた、というプロセスを重視し、都会派の女性はセンスという結果を重視する。プレゼントひとつで、恋愛の進捗に影響を及ぼす。というのも、将来性をみてのことあのだろうか…。見切りがはやい。

プレゼント選び下手芸人からすると、CMや雑誌のイメージにまみれたアクセサリーや、インフルエンサーマーケが逆にチープなプレゼントでも喜んでくれる女の子って、天使かな…?って思います。それと同時に、やっぱり少し、チョロいって思う自分にも出会うのでした。(下記のトリプルコンボを自我を失った顔で見ながら)

https://twitter.com/__tamapii/status/812142940642414592

ちなみに、弊社インターンのさきちゃんに「クリスマスに彼氏から4℃をプレゼントされたらどうするんや」と率直な意見を求めたところ、「彼氏だったら貰って嬉しくはないけどつけます」って言ってたから、やっぱり愛情って万能なカバー剤なんだと思いました。

プレゼント選び下手芸人さんに朗報!

そんなさきちゃんが、プレゼント選びが下手な下々の者たちのために女子大生がプレゼントにもらっても本当に嬉しい品々を予算別でまとめてくれました!プレゼント選びに自信のないメンズは是非参考に。

【リアルすぎかよ】現役女子大生厳選! 5,000円以下~5万円まで予算別クリスマスプレゼント|MTRL(マテリアル) http://mtrl.tokyo/howto/47017

 


佐野 恭平

Kyohei Sano

佐野 恭平

MTRL編集長

Kyohei Sano

1986年8月22日生まれ。静岡県出身。株式会社MTRL代表取締役・メンズ向けWebサイト「MTRL(マテリアル)」編集長。自身のモデル経験を生かし、2015年5月にサイトリリース。MTRLは、イケメンモデルを起用しながら、スクールカースト上位層向けにファッション・ヘア・コラムなどのモテにまつわる情報を発信している。

あなたへオススメの記事

ABOUT

BULK HOMMEは2013年4月に誕生した新世代のメンズコスメブランド。
徹底した製品づくりによって高い品質を保ち、男性のために1から造り上げられました。
品質に妥協やごまかしがなく、本当に肌を改善してくれる本質的なプロダクトをご提供したい。
手間を惜しまず研究開発を繰り返し、ごく限られた完成品だけを製品化して販売しております。
私たちはこれからも、女性がうらやむほどの豊富な美容成分、低ストレスな処方設計、
製造ごとの管理を徹底して追求してまいります。